ビタミンC配合の化粧水の効果

美容の効果が高いお化粧水は、たくさんあります。どんなお化粧水を選んだらよいのでしょうか。お肌に良い成分ならよりたくさん吸収したいのですが、どの様に効率よく浸透させればよいのでしょう。

経口摂取と直接、肌に塗布する場合では効果が違います。
食事から摂取するビタミンCは、美肌成分として広く知られています。

肌にハリやつやを与えるコラーゲンを作る時や、アンチエイジングの活性酸素の除去に欠かせない成分です。

しかし、水溶性のビタミンなのでたくさん摂取してもすぐに排泄されてしまいます。

ビタミンCの化粧水はとても人気があり、興味深いです。

直接肌のコラーゲンに与えたいのですが、純粋なビタミンCは、とても不安定で空気に触れるとすぐに、酸化が始まって効果が得られなかったり、壊れてしまいます。
サプリメントのパウダーや、果物や野菜のスライスなどを、直接肌に塗布することは、逆に肌トラブルを引き起こしかねません。
お化粧水に配合されたビタミンC誘導体は効率よくお肌の奥、角質層までビタミンCを連れて行くという働きがあります。そこで本来の形に変化して効果を発揮します。



誘導体には水溶性、油溶性、新型などの種類があります。

保湿やハリ艶の効果が期待できる新型誘導体APPSは従来型の100倍の浸透力があるので、こちらが配合されているお化粧水をお勧めします。



ビタミンC誘導体が配合されたお化粧水を上手に使用して、無駄なく浸透させたらしっかりと保湿を心がけましょう。
外からの刺激、紫外線や乾燥、寒暖差に強いお肌を作りましょう。