化粧水のビタミンC誘導体の種類

化粧水に含まれるビタミンCには様々な効果があります。

ビタミンCの化粧水に関する情報を紹介するサイトです。

コラーゲンの生成を促すことで肌の弾力やハリを与え、セラミドの合成を促進させることでシワやたるみを予防したり、メラニン色素を還元する作用や、メラニン色素を抑制する効果、紫外線による活性酸素を取り除くことでシミやくすみを改善予防します。



また、肌の酸化を引き起こす活性酸素を取り除く抗酸化作用によってアンチエイジングをしたり、皮脂を抑制してニキビを防ぐ働きもあります。

ただし、ビタミンCは分子の大きい成分でそのままでは浸透されにくく、肌には刺激が強いとされています。そのため化粧水などに使われているのは誘導体という形になっています。
化粧水に含まれるビタミンC誘導体にはいくつか種類があり、それぞれ特徴も異なります。
水溶性は、通常に比べ浸透率が8倍程度の効果があり、12時間の持続効果があります。


即効性が高くニキビに特に効果的で、美白効果が高いの特徴です。

デメリットとしては浸透力が弱く、乾燥しやすい、高濃度になると刺激が強く紫外線に弱いことが挙げられます。


脂溶性は20〜30倍の浸透力があり、24時間の持続効果があります。

乾燥肌や敏感肌でも使うことができるほど刺激が少ないのが特徴です。


水溶性に比べて即効性がなく、紫外線も弱いというデメリトがあります。APPSは、刺激がなく即効性が高く、浸透率もよく肌になじみやすいという新型のビタミンC誘導体です。

効果は高いですが、価格が高いというのがデメリットです。