複数のビタミンC、化粧水に配合すれば美容に効果的

ビタミンCは別名アスコルビン酸と呼びますが、レモンやグァバ、アセロラ、キウイフルーツなどに含まれています。


人の身体には必要不可欠であり、補給し続けていかないと壊血病や急激な老化などのトラブルを招いてしまうのが問題点です。

ビタミンCの化粧水情報を集めたサイトです。

一般的にビタミンCは身体に取り入れるものと見られる場合はありますが、実際は化粧水に配合して機能性を高めるためにも役立ちます。ビタミンCはいくつか種類があります。水溶性と油溶性、誘導体の3つが基本的ですが、どれも美白作用や適度な殺菌効果、紫外線の働きを弱める、肌の組織細胞を整える、コラーゲンを強化する・増やすのがポイントです。



化粧水には水溶性や誘導体が配合されやすいですが、その理由は乳化剤を加えなくても、ベースになる水と混ぜ合わせられる理由が決定的になります。油溶性だと乳化剤を使うか特殊な技術を使わない限りは化粧水に配合できません。
ビタミンCの効果はメラニン色素を低下させるのが最も強いですが、不安定でデリケートな成分です。
単純にキウイフルーツやアセロラから抽出した物を化粧水に加えて、皮膚に付けたとしても、短時間で変形してしまう恐れがあります。



効果は強い反面、デメリットもありますから使用するにあたっては注意すべきです。


一番安定しているのは化学改良された「ビタミンC誘導体」になります。

デメリットを解決してあり、肌に塗布して長時間経過しても美白効果が続いて、肌に浸透していきますが、油溶性よりも役立つのが強みです。